多摩エリアの住みやすさを紹介!暮らしの情報コラム

TAMASUMU 多摩エリアの注文住宅情報まとめサイト

  1. TOP » 多摩エリアの住みやすさを紹介!暮らしの情報コラム

公開日:|最終更新日時:

多摩エリアの住みやすさを紹介!
暮らしの情報コラム

多摩エリアの暮らしに関する情報をご紹介

東京の西部、23区外を中心としたエリアは多摩エリアと呼ばれています。世間的なイメージでは「田舎」「東京じゃない」などあまりいい意見でないものもありますが、多摩エリアには多摩エリアにしかない魅力がたくさんあります。ちなみに住みたい街として有名な「吉祥寺」も多摩エリアです(三鷹市)。

ここではそんな多摩エリアの住みやすさに関する情報をお伝えしていきます!

暮らしの情報コラム記事

八王子市の交通事故事情を徹底調査

八王子市は2002年に4,496件という交通事故件数を記録して以来、都内の中でも交通事故が多いエリアとして知られています。しかし2013年以降は交通事故が激減。2016年度からは交通安全を目的とした5年計画も進められています。意外と知られていない八王子市の交通事故に関する事情をご紹介しているので、八王子市への移住を検討中の人はぜひ参考にしてみてください。ここ数年の交通事故件数の推移や交通事故の年齢比率、都内区市町村との比較、自転車事故対策など、こまかな情報をわかりやすくまとめています。(2018/5/14更新)

八王子市が抱える少子高齢化の問題

高齢者や子育て層が暮らしやすいまちづくりを推進している、八王子市の少子高齢化に対する施策を紹介しています。年々出生者数が減少、反対に高齢者数が増加傾向にある八王子市。今後の少子高齢化に向けて、地域福祉活動や八王子市子ども育成計画など、さまざまな施策が展開されています。「子育てしやすいまちナンバーワン」を目指す八王子市は、今後さらに良いまちになることが期待されているエリアです。(2018/5/16更新)

八王子市の歴史を調査

八王子市は東京都内でも利便性の高いベッドタウンです。南大沢やみなみ野など、ニュータウンがある住みやすいエリアが多く存在し、約23の大学・高専などを持つ学園都市として知られています。ここでは、八王子市がどのようにして便利な都市になっていったのか、文化や取り組みから見た歴史をまとめました。八王子市へ引越しを考えている方に役立つ情報として、地域での取り組みや利便性の向上についても紹介しています。(2018/5/18更新)

八王子の気候ってどんな感じ?

夏は涼しく冬は暖かい家にするためには、その土地の気候をチェックするのが一番です。このページでは、八王子の気候について調査したことをまとめました。山間部や小盆地のある八王子は、大きく分けて西と東で特徴が分かれます。それぞれの特徴を掴んで、快適な家づくりに活かしてくださいね。また、八王子の気候にあった、便利グッズも紹介。住み心地の良い家を建てるために、ぜひチェックしてくださいね。(2018/5/22更新)

八王子市の子育て事情は?

育児がしやすい街として有名な八王子市。ここでは八王子市の育児支援制度や子育て施設、病院などについてまとめました。小児科の数が多く、夜間診療に対応しているところもあるので、子どもの急な病気やケガにも迅速な対応してもらえます。さらに休日に子どもが楽しめる施設も充実。ママやパパも子どもと一緒に楽しめる施設をピックアップしています。(2018/5/24更新)

八王子の地盤は地震に強い

首都圏直下型地震や多摩直下型地震など、近い将来に発生が予測されている大地震。もともと八王子市は地盤が強いエリアのため、地震の規模に対して被害は小さいとも言われている場所。しかしながら万が一大地震が発生した場合、被害がゼロという訳にはいかないでしょう。市では来るべき大地震に備え、建物の耐震化に向けた政策を積極的に推進中。加えて、いつ大地震が発生しても速やかに対応ができるよう、公式HPで詳細な避難所運営マニュアルを公表しています。(2018/5/29更新)

【エリア別】八王子の地価はいくら?

八王子市は、都内でも非常に面積の広い自治体の一つ。八王子駅周辺のような繁華街もあれば、高尾山などのような自然豊かな風景もあるなど、同じ市内にして様々な特徴を持ち合わせる街です。特徴の異なるエリアが混在するからこそ、エリアごとの地価も大きく異なります。ここでは、市内で最も地価の高い場所、最も地価の安い場所、主要駅が位置する場所などの地価をご紹介し、それぞれのエリアの地価について考察してみました。(2018/5/30更新)

八王子市の土砂災害の現状と対策

都内に約7,800箇所ある土砂災害警戒区域のうち、実に約1/3にあたる2172箇所が八王子市に集中しています。八王子市への転入をお考えの方は、八王子市が都内でも際立って土砂災害のリスクが高いエリアであることを、まずは認識してください。もちろん市も、この現状を了承済み。市が率先し、かつ地域住民が主体的になり、被害の防止に向けた様々な対策を行なっています。土砂災害のリスクを盲目的に恐れるのではなく、被害を受けないための具体的な方策を考えることが大切です。(2018/5/31更新)

八王子市におけるゴミ処理政策の目標と実態

八王子市は、ゴミ処理政策に熱心な街。ゴミに関する目標を6分野も設定し、毎年、その達成率を確認して新たな政策に活かしています。市民も市のゴミ処理政策に共感しているため、家庭ゴミの排出量やリサイクル率は向上。市全体が一体となり、清潔な街作り・エコな街作りを推進しています。ここでは、八王子市におけるゴミ処理政策や、ゴミ袋の有料化によるリサイクル率の向上などについて解説しています。(2018/6/4更新)

八王子市の犯罪傾向と防犯対策

犯罪の撲滅に熱心なことで知られる八王子市。わずかここ10年余りの間に、市内における刑法犯罪の発生件数は約40%まで減少しました。また、市だけではなく地域住民や自治会、町会、商店会なども地域の防犯対策に、非常に積極的。市と民間が一体となり、エリア全体に高い防犯意識が浸透しています。各種防犯対策の中でも、特に「子供を見守る活動」には熱心。子育て世帯が安心して暮らしていける街、と言うことができるでしょう。(2018/6/6更新)

子供も大人も夢中になれる八王子市の博物館3選

八王子に転入してきた世帯に向け、ここでは市内にあるおすすめの博物館を3つご紹介しています。ピックアップした博物館は、コニカミノルタサイエンスドーム、八王子市郷土資料館、日野ヒューテック・21世紀センター・オートプラザ。いずれの施設も、大人だけではなく子供も楽しめる施設なので、一日中いても飽きることはないでしょう。中にはレストランや軽食コーナーがある博物館もあるので、ぜひお子様連れで手ぶらで訪れてみてください。(2018/6/8更新)

八王子市の財政は健全?

八王子市への転入を検討するにあたり、市の財政事情と真剣に向き合う世帯は、極めて少数派でしょう。しかしながら、別の自治体への転入を考える上で、市の財政事情を確認することは非常に重要です。なぜなら、育児環境や教育システムなど、行政サービスの質に財政状況が大きく関わるからです。財政難から健康保険料が高額となっている自治体もあります。このページでは、八王子市の財政事情について詳しく見ていきましょう。(2018/6/12更新)

2018年の夏を彩る花火大会!多摩地区の花火情報を徹底調査!

日本の夏といえば花火大会ですが、多摩地区にはエリア内外の住民から人気の花火大会がたくさんあります。そこで、2018年に多摩地区で開催が予定されている花火大会について、基本情報やオススメ観賞スポットなどを徹底調査しました。平成最後の年となる2018年、ずっと心に残る思い出を作れるよう、気になる花火大会の情報をまとめてピックアップしてください。

子育て応援エリア!日野市の育児支援制度や取り組みを徹底解説!

新撰組のふるさとであり、土方歳三などの偉人が生まれ育った日野市は、現在も育児に関する支援制度や取り組みが充実し、都内有数の子育てしやすい街として知られています。東京都の真ん中に位置しており、首都圏の住宅エリアとして多くのファミリーが暮らす日野市において、子どもを持つ家庭や児童を対象に実施されている様々な支援制度や取り組みについて、まとめて解説しています。

エリアによって地価も変わる?日野市の地価を徹底比較!

古くから宿場町として栄え、交通の便に優れている日野市は、一方で農地や丘陵地などが多いこともあり、市内の平均地価が東京の平均地価よりもかなり安くなっているなど、都会のベッドタウンとして人気のエリアの1つです。国土交通省の調査データなどを参考にして、日野市の地価をエリア別に比較していきましょう。

府中市の治安について徹底調査

治安に対してあまり良くないイメージを促しそうな公共施設もある府中市ですが、市と警察が連携して行っている防犯対策が上手く機能し、実際は犯罪発生率が比較的低く、犯罪件数も年々着実に減少を続けているという地域です。また、交通事故についても、利便性が高い地域でありながら、事故発生率は東京都全体のちょうど真ん中程度をキープしており、府中市は暮らしやすさと治安のバランスが取れた街の1つといえるかも知れません。

八王子でおすすめのドッグカフェ

八王子にあるドッグカフェを紹介しています。八王子は愛する家族であるワンちゃんを一緒に連れていけるドッグカフェや食事処が多いため、散歩の途中やお出かけの途中に一緒に食事をとるのにもってこいです。お店の中にはワンちゃんのための食事を提供している所もあるので、ワンちゃんと同じ食事メニューが食べられるお店を探している方は参考にしてください。

八王子でおすすめのアニマルカフェ

八王子にはワンちゃん、猫ちゃん意外にも触れあえるおすすめのアニマルカフェがあります。小動物に触れあいたい方、ワンちゃん、ねこちゃん以外の動物にも触れあいたい方など、いろんな動物に興味がある方に向いているでしょう。家族連れで動物と触れ合うのはもちろん、一人でこっそり触れあうのも楽しみの一つになること間違いなし。アニマルカフェはワンちゃんと猫ちゃんの里親を募集しているところも多いのだそう。いろんな動物に触れあう中で、自分に合った家族を探してみるのも一つの手です。

日野市の農業についての取り組み

日野市は平成10年に日本ではじめて農業に関する条例「農業基本条例」を制定した都市です。近代化にともない、より市民と農業従事者との距離が開きつつあるなか、市民も参加できる農業施策を数多く設置する工夫が注目を集めています。「農業基本条例」制定の理由と特徴、日野市の農産物をご紹介しています。

日野市のレジャースポットといえば?

あちらこちらできれいな湧き水がでる自然豊かな日野市には、自然と共存し自然をうまく利用したレジャースポットが数多くあります。そのなかでも人気のレジャースポットとして「多摩動物公園」、さらに水を活かした遊び場である「黒川清流公園」や「市民の森スポーツ公園(市民陸上競技場)」などをご紹介します。

八王子市のレジャースポットといえば?

八王子市には自然の豊かさを生かした手軽な登山スポット「高尾山」をはじめ、市内に大きな公園が多くあります。子どもたちだけでなく、年齢問わず楽しめるスポットといえるでしょう。それ以外にも人工ビーチやボルダリングが楽しめる施設など、体を動かせる多様なレジャースポットをご紹介します。

相模原市のレジャースポットといえば?

豊富な自然と史跡が多くある相模原市には、相模湖周辺にある「PICAさがみ湖プレジャーフォレスト」や「県立相模湖公園」といった自然を楽しめる施設が多くあります。また「青野原オートキャンプ場」や「緑の休暇村・青根キャンプ場」をはじめとしたキャンプ場も多く、アウトドアも楽しめます。さらに歴史を勉強できる「相模原市立博物館」など参加型イベントが多い施設など、魅力たっぷりの相模原市のレジャースポットをまとめてご紹介します。

立川市のレジャースポットといえば?

東京都のちょうど中央部に位置する立川市は、駅前にはショッピングスポットが多い反面、大型な公園や豊かな水量を玉川上水のおかげで、水や自然にも恵まれています。そんな立川市のレジャースポットとして、自然に触れ合いながら利用できる「国営昭和記念公園」や自然が色濃く残る「矢川緑地」をご紹介。また、大人も子どもも好きなまんがが楽しめる「立川まんがぱーく」や、都内で珍しい「たちかわ中央公園スケートパーク」など、豊富な遊び場をまとめてご紹介します。

多摩市のレジャースポットといえば?

1970年代半ば以降、「多摩ニュータウン計画」により着実に成長を遂げてきた多摩市にはサンリオピューロランドや多摩中央公園、ベネッセスタードームやアクアブルー多摩など、テーマの異なる多彩なレジャースポットがあります。「遊ぶ」「楽しむ」「鍛える」「和む」「感動する」など、あらゆる目的に対応できる施設が揃っているのが特徴です。その中でも特に注目度の高いおすすめスポットをご紹介します。

町田市のレジャースポットといえば?

東京都心を代表するベッドタウンの町田市は、豊かな自然と文化遺産に囲まれた街です。レジャースポットも充実しており、リスと触れ合える「町田リス園」や、ダリアを鑑賞できる「町田ダリア園」、『ピーナッツ』の世界観を満喫できる「スヌーピーワールド」など、個性的で癒されるスポットが数多くあります。植物園や小さな動物園などの複数のエリアで構成された「薬師池公園」は、一つの施設で自然との触れ合いやグルメまで楽しめるスポットです。こちらでは、町田市のおすすめレジャースポットをご紹介します。

三鷹市のレジャースポットといえば?

自然豊かな三鷹市には、「国立天文台」や「三鷹の森ジブリ美術館」といった教育・文化施設や、都内屈指のお花見スポットでもある「井の頭恩賜公園」、水と緑に囲まれた「都立野川公園」など、地域住民はもちろん多くの観光客が訪れるレジャースポットも数多く点在。また、三鷹駅周辺は商業施設も充実しており、おしゃれなカフェやボルダリングジムなどが立ち並ぶ、地元民も楽しめる街となっています。三鷹エリアに住むならぜひ訪れたい、おすすめのスポットをまとめました。

昭島市のレジャースポットといえば?

昭島市といえば、水や緑など豊かな自然が特徴です。そのような恵まれた自然環境を活かしたレジャースポットが昭島市にはたくさんあります。今回はその中からおすすめを5つピックアップ。アウトドアが楽しめる「モリパーク アウトドアヴィレッジ」、昭島を代表する「昭和公園」、充実した環境の中でゴルフが楽しめる「昭和の森ゴルフコース」、全31面のコートを構える「昭和の森テニスセンター」、多摩川に生息する生き物と出会える「多摩川ふれあい水族館」を紹介しています。

国立市のレジャースポットといえば?

国立市では「城山さとのいえ」や「くにたちはたけんぼ」など、農業の素晴らしさや役割について学習できるスポットが目立ちます。それは、この地の人々が作物を育てること、自然と共存することへの意識が高いからでしょう。他にも、歴史と自然をテーマにした展示館「くにたち郷土文化館」や河岸段丘の崖下に湧き出る「段丘崖とママ下湧水」など、自然を感じられるレジャースポットが豊富です。ここでは、国立市のおすすめスポットの特徴を紹介していきます。

小平市のレジャースポットといえば

小平市で楽しめるレジャースポットは、大人や家族が楽しめるスポットが盛りだくさん。広大な都市公園の「小金井公園」をはじめ、ゴムとタイヤの学習ができる「ブリヂストンTODAY」、有名人の利用者もいる名門ゴルフ場「小金井カントリー倶楽部」、焼却施設の余熱で温める「こもれびの足湯」、都内に1ヶ所しかないレアな「東京都薬用植物園」など、バラエティに富んだスポットが並びます。それぞれの特徴やポイントをまとめてみましたので、参考になさってください。

小金井市のレジャースポットといえば?

小金井市には、歴史的建物が復元されている「江戸東京たてもの園」や自然が楽しめる「小金井公園」、多彩な作品が約1,000点展示されている「はけの森美術館」があります。映画のモデルになった建物もあり、まるでタイムスリップしたかのような気分になったり、歴史を感じながら散策したり、自然が豊富な都市公園で存分に自然を満喫できます。歴史や美術を楽しめるだけでなく、小金井公園でのバードウォッチングも楽しめます。小金井市でおすすめのスポットについて、詳しく紹介しています。

国分寺市のレジャースポットといえば?

国分寺市には、歴史を感じさせるスポットや庭園、また美しい植物園など歴史と自然の美しさが魅力的なスポットが目立ちます。歴史的に重要な建物の跡である「武蔵国分寺跡」では、資料室や展示室で日本の歴史を学びつつ、周辺の景観も楽しめるのが魅力です。環境省選定の名水百選に含まれている「真姿の池湧水群」や、湧水が注ぐ清流沿いに咲く花を楽しめる「お鷹の道」などは、ゆったり散歩を楽しむのにおすすめのスポットです。「殿ヶ谷戸庭園」や「万葉植物園」では都会の喧騒から離れ、美しい自然を満喫できます。国分寺市でおすすめのレジャースポットについて紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

調布市のレジャースポットといえば?

調布市には、大規模スポーツイベントでの利用で有名な「味の素スタジアム」や、ゲゲゲの鬼太郎のキャラクターが立ち並ぶ「天神通り」などがあります。調布市はスポーツ都市にもなっており、多摩地区におけるスポーツのランドマークとなっているのが特徴。再開発によって利便性が高くなっているエリアですが、「深大寺」や「都立神代植物公園」など歴史や自然を感じられるスポットもあります。調布市のおすすめのレジャースポットについて紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

府中市のレジャースポットといえば?

東京都の西部にある府中市は、中央線を用いて都心部に通う人が多く、ベッドタウンとして発展を続けている市です。収容人数10万人を超える府中競馬場といった大型レジャー施設のほか、家族連れやカップル、あるいは一人でもゆっくりと楽しめるスポットも盛りだくさん。こちらではそのほか、「サントリー<天然水のビール工場>東京・武蔵野ブルワリー」「府中市郷土の森博物館」「JRA競馬博物館」などのスポットをまとめて紹介していますので、ぜひ参考になさってください。

西東京市のレジャースポットといえば?

東京都西東京市は、都心部へ向けて走る2本の電車を利用する人たちを中心に、働く人やその家族が住む町として根強い人気がある地域です。人々の憩いの場所としては、「多摩六都科学館」「ダイドードリンコアイスアリーナ」「東伏見稲荷神社」といった、それぞれ性質が違うレジャースポットが数多く存在しています。こちらでは西東京市のおすすめスポットについて紹介していますので、気になった場所には一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

武蔵野市のレジャースポットといえば?

東京都武蔵野市と言えば、若者向けの街として非常に人気が高い「吉祥寺」があり、住んでいる人たちの年齢層も比較的若い傾向にあります。また、ポップカルチャー、サブカルチャーなども盛んで、「吉祥寺美術館」は地元の人たちがゆっくりと芸術に親しめる場所として人気です。一方で、「成蹊学園ケヤキ並木」「井の頭自然文化園」といった自然や動物と親しめるようなスポットも充実しているので、お近くの方は実際に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

あきる野市のレジャースポットといえば?

都心から電車で約1時間のあきる野市は、車では圏央道が南は八王子方面、北は埼玉方面へと繋がっており、家族で遊べるスポットが充実しています。日本最大級の流れるプールがおすすめの「東京サマーランド」や、美人の湯で有名な温泉施設「秋川渓谷 瀬音の湯」、川釣りやキャンプが楽しめる「秋川国際マス釣り場」など、アクティブや癒しを堪能できるスポットのほか、東京都の天然記念物「大岳鍾乳洞」、自然に囲まれた「深沢小さな美術館」など、日帰り観光にピッタリのスポットをご紹介します。

青梅市のレジャースポットといえば?

昭和レトロな魅力あふれる東京都の人気観光地、青梅市は、登山客に人気の高い「御岳山」や、四季折々の景観が楽しめ、日本の名水百選に選ばれている清流「御岳渓谷」など、自然が満喫できる観光スポットが満載です。これらの自然を堪能できるスポットや、大自然の中で釣り体験ができる「奥多摩フィッシングセンター」のほか、小さな子どもが楽しめる実物中心の展示やミニSLが人気の「青梅鉄道公園」や、ノスタルジックな雰囲気を感じられる「昭和レトロ商品博物館」などの観光地をご紹介します。

八王子の住宅関連の助成金をチェック

八王子に住まいを構えたいと考えている方は、さまざまな助成金の支給対象となる可能性があります。「八王子市木造住宅耐震診断補助制度」や「家庭用生ごみ処理機器等の購入費補助」のほか、「児童扶養手当」をはじめとする子育て世帯への制度が充実しているのが、八王子の行政の特徴です。これから子供をもつ方も、「出産育児一時金」や「出産費貸付制度」といったサポート体制があることを把握しておけば、経済面の不安を解決するためのヒントになるかもしれません。

日野市の気候についてリサーチ

日野市に住まいを構えたいと考えている方にとっては、日野市の気候や快適なシーズン、地形なども知っておきたいところではないでしょうか。日野市は、湿気の多い夏と空気が乾いている冬とでは、体感温度にかなりの差がでるエリアです。北側を流れる多摩川や中央を流れる浅川などをはじめとする水域が多めであることが、影響しているようです。ただ、4月・5月の春シーズンには冬の寒さもやわらぎ、快適ですごしやすい日々が続きます。

日野市の災害対策とは

日野市には、多摩川をはじめとする水域が多いため、洪水によって発生する浸水被害などについても詳細な知識を持っておくことが大切です。特にチェックしておきたいのが、洪水ハザードマップです。これは、国土交通省による「多摩川の浸水想定区域図」をもとに作成されたハザードマップです。避難情報のほか、避難時に注意が必要な行動について記載されています。また、同市では、防災意識を高めるために人々がおこなっているさまざまな活動のサポートもしています。

立川市の治安についてリサーチ

立川市の治安はどのような状況でしょうか。犯罪発生率や交通事故発生率は、東京都全体の平均値と比較すると、少し高めです。ただ、市はその対策として子どもがトラブルに巻き込まれるのを防ぐための取り組みや交通安全への意識を高めるためのキャンペーンなどに力を入れています。一日警察署長としてタレントを迎えたり交通安全に関するクイズを出題したりするなど工夫しています。そのため、多くの市民からの注目を集めることにも成功しています。

日野市の治安についてリサーチ

日野市は、東京都の中では比較的治安のよいエリアです。警察だけでなく、警察官OBや市役所、学校関係者、地域の自主自主防犯組織などが治安維持に力を入れていることが、その背景にあるといえます。さらに、子どもを守るために市内全域のパトロールを続けたり「こどもを守るネットワークシール」を公用車に貼ったりして、緊急時に備えています。また、交通事故発生を抑制するための取り組みや、ドライバー達のマナー向上のための活動もさかんです。

町田市の治安についてリサーチ

東京都全域の平均と比較すると、町田市の治安は良いほうに属するといえます。犯罪発生率と交通事故発生率はやや低めです。同市がおこなっている防犯対策としては、民間交番の設置や合同パトロールなどが挙げられます。ちなみに、合同パトロールとは、地域の住民や町田市職員が参加する定期的なパトロールのことです。通学中の児童をみなで守っていこうという意識の高さが感じられるエリアです。

相模原市の治安をリサーチ

相模原市の治安は、神奈川県の中ではそれほど良くはないようです。とはいえ、だからこそ、治安維持のための取り組みに、行政が力を入れているというプラスの側面もあります。たとえば、相模原市民が安心して日々を送ることができるように、自治会などを対象に防犯カメラを設置する際に必要なコストの一部を負担したり、小学生・中学生に防犯ブザーを貸与するなどしています。緑区・南区・中央区の3エリアにわけて状況を把握しておくことをおすすめします。

八王子市内のおすすめ美術館をご紹介

八王子市内には、すてきな美術館がいくつかあります。住まいを構えようと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。特におすすめの美術館としては「八王子市夢美術館」「東京富士美術館」「村内美術館」「高尾山トリックアート美術館」などが挙げられます。中でも、高尾山トリックアート美術館は高尾山口駅から徒歩1分の好立地です。だまし絵など、脳の錯覚を利用したトリックアートが常設展示されているため、子どもも楽しめる世界観が広がっています。

八王子市のサッカー事情とは

少し意外に感じられる方もいるかもしれませんが、八王子は、サッカーがとてもさかんな地域です。これまでに、複数名のJリーガーを輩出しています。 また、サッカーチームの種類が多岐にわたっているのも注目ポイントです。17チームが所属する社会人チーム、38チームが所属する少年部、8チームが所属する女子部、サッカー強豪校を含む15チームが所属する高校部などがあり、非常に充実しています。数ある八王子のサッカーチームを取りまとめているのが、八王子サッカー協会です。

長い歴史をもつ八王子市

八王子市は、有史からつづく歴史のあるエリアです。市内にある市内の遺跡から見つかった旧石器は、およそ約1万5千年前のものであることが判明しています。これが、先史から八王子に人が住んでいたのではないかと考えられている根拠となっています。また、八王子という名称の由来についても、1569年の北条市による書状までさかのぼることができます。ちなみに、八王子市としての誕生は、大正時代の中ごろです。

日野市の子育て環境をチェック

日野市は、子育て世帯にはありがたい支援制度や取り組みが充実しているのが、魅力のひとつとなっています。育児において手助けを必要としている人と、手助けをすることができる人が支え合うための有償ボランティアの組織による「日野市ファミリー・サポート・センター事業」では、子育てサポートや新生児の世話などをおこなっています。また、「子ども医療費助成制度」のように経済面を補助する制度や、子どもを連れた保護者が集える児童館のような施設を利用することも可能です。

要チェック!注文住宅の失敗談

これから注文住宅を建てて、多摩エリアでの暮らしをスタートさせたいと考えている方に、ぜひ参考にしていただきたいのが「注文住宅の失敗談」です。決して安くない買い物ですから、後悔することのないように、さまざまな声に目をとおしてから、満足できる家づくりをすすめたいところです。たとえば、家づくり後悔ポイントとしてよくあるもののひとつに「急ぎすぎた」というものがあります。子どもの小学校入学にあわせたい、といったスケジュールに無理にあわせようとすると、打ち合わせが不十分になりがちです。

吉祥寺の住みやすさをリサーチ

吉祥寺は、住みたい街ランキングの常連としても有名な、人気の高い街です。実際、人気を支える多くの理由があります。中でも、特筆すべきなのが「東京なのに東京らしくない雰囲気」です。井之頭公園のような大規模な公園があるなど、都会の中にあって自然を身近に感じられることが大きな魅力となって、多くの人々を惹きつけています。また、乗り換えせずにターミナル駅へアクセスできるなど、交通の便のよさも際立っています。ただし、ラッシュアワーの混雑状態はかなりのものです。

昭島市の学校情報

昭島市でマイホームの建築を考えている方にとって、子どもの教育にかかわる学校事情は、とても重要な情報のひとつではないでしょうか。昭島市内の小学校・中学校・高校をそれぞれ2校ずつピックアップし、特色などについてまとめました。また、昭島市の教育体制や教育関連のイベントへの取り組み方についても、あわせて紹介しています。お子さんがどのような教育環境で学ぶことになるのかを知るためのヒントとして、ぜひお役立てください。

国立市の学校情報

国立市では、学校教育に関連する情報をまとめた広報誌「くにたちの教育」を定期的に発行中です。さまざまなイベントや取り組みの特色を知る上で、役立つ情報が詰まっています。また、国立市には特色ある小学校・中学校・高等学校がたくさんあります。特に、有名な国立音大の付属校もあるため、音楽教育を子どもに受けさせたいと考えている子育て世帯にとっては、国立市はマイホームを建てる候補の中でも注目のエリアのひとつとなるのではないでしょうか。

小金井市の学校情報

東京都小金井市は、東京都心部のベッドタウンとして、ファミリー層を中心に多くの人たちが住んでいるエリアです。自治体としても子育てを推進しており、学校教育においても力を入れています。公立の学校も場所によって特色があるようなので、小金井市で注文住宅を買おうとするのであれば、子どもにどんな教育をしていきたいのかを踏まえた上で、それに適した学区にある土地を選ぶようにすると、教育の面でもメリットがありそうです。

国分寺市の学校情報

東京都国分寺市は、中央線を使えば新宿駅や東京駅など東京都心部の主要駅に1本でアクセスできることから、都心で働く人たちを中心に居住エリアとして人気となっています。教育面に関しては、明治時代からあるような由緒正しい学校の他、名門私立大学の付属校などもあり、教育のことを考えても、かなり適している地域と言えるかもしれません。国分寺市内で家を建てるときは、新居がどこの学区に該当するのかを調べておくといいでしょう。

関連記事一覧
TOP
東京多摩エリアの不動産・注文住宅なら地域密着型の石田工務店のHPを見る