駐車場について考える

TAMASUMU 多摩エリアの注文住宅情報まとめサイト

  1. TOP » はじめての注文住宅造り!タマオとタマコのイエタテ日記 » 注文住宅の駐車場について考える

はじめての注文住宅造り!
タマオとタマコのイエタテ日記

注文住宅で駐車場の失敗を避けたいならココがポイント!

注文住宅で多いのが、駐車場に失敗したという声。その多くは「駐車スペースを十分に考慮していなかった」というものです。スペースをギリギリに確保してしまい、いざ住んでみると駐車しづらかったり、玄関までの距離が遠く、雨の日に不便な思いをしたりと「こうしておけば良かった…」と後悔しがちな駐車場問題。そんな問題を防ぐために、住宅の外構とあわせて駐車場を作る際の注意点を見ていきましょう。

注文住宅で駐車場を作る際の注意すべきポイントは?

住宅の外構についても後回しにせず、よく検討しましょう。十分なスペースの確保と動線の確認はしておきたいところ

注文住宅を建てるときに多いミスが、住宅の内側のみを重視し外構は後回しにしてしまうことです。しかし、内側にはこだわって、駐車場など外構はほとんど時間をかけずに決めてしまうというのは賢い選択ではありません。特に都心部はもともと土地自体が狭く駐車スペースをギリギリまで削ってしまうパターンが多いのですが、駐車スペースは十分に確保することをおすすめします。
駐車スペースの十分な確保というと土地の大きさによって限界がありますが、仮に誰が運転しても安全に駐車できる十分なスペースがあることが理想です。ギリギリのスペースだと、駐車するたびに神経を使いストレスが溜まってしまいます。また、将来家族が増えたときファミリーカーに乗り換える可能性もあります。そうすると、完成時は十分なサイズでも、車のサイズアップによって駐車に支障が出てきます。家族の形態によって車が変わることもあり得るので、将来を見据えてできるだけ余裕のあるスペースを確保しておきたいところです。人がゆとりをもって行き来できるぐらいのスペースがあれば、後からサイズの大きい車に乗り換えても困りません。
また、動線や配置もしっかり考えておきましょう。動線が不便だと、日々小さなストレスが積もり後悔することになります。駐車場から玄関までが遠いと、重い荷物を運び入れるときや激しい雨の日に大変です。車から玄関まで荷物を出し入れしやすい配置か、駐輪場は道路側に確保できるかなど、細かな点ですが大事なポイントです。さらに、複数の車を所有している場合は配置にも注意が必要。二台以上の車に対して縦方向に駐車スペースを確保すると後ろの車が出しづらく、思ったより不便です。車を複数所有している・所有する可能性がある、または頻繁に来客があるような環境ならば、横並びで駐車ができる配置がベストです。

取材協力

石田工務店キャプチャ

石田工務店

八王子市を中心に多摩エリアで1000棟を超える住宅を施工してきた石田工務店。自然素材にこだわり「心地よく長く住める家」を提供することをモットーとしています。住宅展示場を八王子市内で開催しており地域密着型で多摩エリアに住む方々から高い信頼度を得ている工務店です。

TOP